SDGsの取り組み
SDGsの取り組み
ウニランプとSDGs
持続可能な漁業を。
きれいな海、そして私たちが住む地球を守っていくためには何ができるでしょう。理科クラブでは、ウニランプやマイクロプラスチックなどのプログラムを通して、子どもたちと共に考える活動をしています。

ウニとSDGs

「SDGs」とは、世界で決められた、持続可能な社会を継続するための行動目標。
理科クラブでは主に「ウニ」をテーマとして、この目標に取り組んでいます。

理科クラブのウニ

理科クラブで人気の実験キット「ウニランプ」。
キットに使用しているのは、高知でとれたシラヒゲウニと呼ばれる本物のウニの殻です。

シラヒゲウニは元々食べられるウニですが、あまり高くは売れないうえ、水深10mの海底に生息していることもあってかほとんど採られていません。その結果、ウニがとても増えてしまいました。

ウニが増えると困るわけ

ウニの主食は海藻です。増えすぎたウニは、海底に生えている海藻をどんどん食べていきます。

→ 海藻が不足して、ウニは栄養不足になり売り物にならないウニが増えます。

→ ますます採られることはなくなり、ウニが増えます。

→ 海藻はどんどんなくなり、磯焼け(海の砂漠化)が進行し、他の貝も生きていけない環境になってしまいます。

持続可能な漁業のため

持続可能な漁業のため、70代の漁師さんが増えすぎたウニの駆除を続けています。

理科クラブでは、

漁師さんが駆除したウニの殻を購入し、

子どもたちに、漁師さんの活動を紹介しています。

きれいな海、地球を守っていくために、私たちにできることはなんでしょうか。ウニランプをはじめとして、マイクロプラスチックのこと、里山の獣害のこと。
子どもたちに伝え、一緒に考える活動を、理科クラブでは大切にしています。

SDGsとは

SDGsのロゴ

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは、2015年に国連サミットで採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す開発目標のことです。

SDGsアイコン 海の豊かさを守ろう

地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓い、17のゴール・169のターゲットから構成されています。

理科クラブでは主に、目標14の「 [ 海洋資源 ] 持続可能な開発のために、海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する」に取り組んでいます。

詳しくはこちらのページをご覧ください。